2013年2月28日木曜日

試行錯誤



不思議なもんで、原画の方が断然いい場合とデジタルに取り込んだ方が見栄えする場合がある。

この絵は原画の方が数倍いいと勝手に思ってるんだけど、
これは目を描いてあるからなんとなく絵としてかろうじて成立しているけど、


こうすると、何がなんだかさっぱり分からなくなっちゃう。

まったく不思議なもんであります。

まあ、絵なんてものは結局はバランスが大事であって、何かひとつ間違えると意味不明になるのは当然のこと。

僕は基本的にペン画なんで一本の線が狂うと、とたんに仕上げる根性が失われる。
漫画のようにあくまで印刷物が完成品ならば、好きなだけホワイトで修正するんだけど、
線の上に色を重ね塗りをする僕の技法だとその誤魔化しができない。

だから必然的に油絵のように色を重ねながらバランスをとる技法ってのがさっぱり分からない。



これが色付けする前のペン画なんだけど、もしかしたらこの作品は色を付けたことに敗因があったのか。

ってか、紙の材質によっても色の乗りが全く違うので一概に何が成功失敗とは言えないところがあるんだけど、
最初にきちんとしてイメージがないまま彩色した時点で大間違いを犯している。

まあ、いろいろあっての創作なんで、こういう失敗は次の作品に繋がるってことで勝手に納得している。

付き合わざるを得ないもの


イラスト制作を本格的に再開しようと心に決めた翌日、さっそく、今まで忘れていた躁鬱の気が再発。
僕が今まで、色々な人にすすめられながらも絵を描く事に躊躇していたのは、
実はこの「絵を描く時に必要なトランス状態」が怖かったから。。。

原画を見て頂くと分かるんだけど、僕の絵はミクロの世界で筆やペンを動かしており、また、物に対する観察が異常と言っていいほど細かい。
人はそれを才能と呼び、多くの他人は、
「羨ましい才能」とリップサービスではなく言葉にしてくれるんだけど、
当の本人としては、この観察眼が成立するのは「異様なほどの繊細な精神状態」が必要であって、
これは例えて言うなら、思春期のあの不安定な「漠然とした不安」を伴い、
実際問題として社会生活にも支障をきたすほどの精神状態になっちゃうわけです、はい。


実は絵から逃げていた三年半近く、
すっかりそういう鬱的症状を忘れ、物凄く精神状態が安定し、サバサバした気持ちでいられたんだけど、
モードのスイッチを絵描きに変えたら、とたんに情緒不安定が再発。

こら、本人にとってはたまらんもんです。
しかし絵を描くにはこの煩わしさと共存しなくてはならない。

普通は大人になるってことは、そういうものから卒業し、
ある意味では自分ってものをかなりのパーセンテージの割合で「押し殺す」ものだと思うんだけど、絵を描くためにはそれはできない。
これは結構な地獄ですよ。

でも絵を描かない自分は本当に存在の意義すらないような気がして、
ってことは、もうリスクを承知でこの情緒不安定と付き合っていくしかない。

なんか愚痴っぽい話なんだけど、こういうパーソナルな悩みをネットで公にできるのも、
ある種の覚悟が備わった証拠なんです。

2013年2月27日水曜日

【日本国】ハイパー自衛隊2013【朝霧の中へ】



1月の下旬から二月の中頃まで、思うところがあって、小泉進次郎氏と石破茂氏の国会質疑の映像を一気に動画サイトにアップしたんだけど、
その間に作った動画が見事に「埋もれてしまった」らしい。

動画サイトは注目度の高い動画とか、新着動画が優先されて紹介されるので、動画の連続アップロードはあまり再生回数を稼げない。

作り手として新作旧作の区別があっても、動画サイトのデータを管理しているのは所詮ロボットであり、彼らは新しく来たデータを「新作と判断」し、特定の条件が揃えば、おすすめ動画にしたり、注目動画にしたりするだけ。
たまに「虎の尾」を踏んじゃった動画に関してはサイトの運営が首を突っ込むけど、それは本当に希な話。

まあ、動画サイトも慈善事業じゃないから、テレビ業界に半分見切りをつけている広告代理店の「アドバイス」を受けている雰囲気アリアリだけど、時に代理店の仕込みを凌ぐ注目動画が現れるから今の時代はわからない。


さて、この動画。
作った本人はかなりの「お気に入り@」である。

であるんだけど、再生回数が伸びない。

youtubeで突然、過去にアップした動画が注目を浴び、その後安定した再生回数を稼ぐことがあるんだけど、どうも原因を追究していくと、
「情報発信力のあるブロガー」が何気に動画を紹介し、
その為に一時再生回数が飛躍的にアップ、
それと連動してサイトを管理するロボットが「これは人気の作品」と勝手に判断し、
その後、検索窓の上位にその動画を紹介し続け、
また、紹介されるから誰かが動画を再生する、
そして、また、ロボットが「これは注目作品」とお薦めする。

こう考えると、マメにネットサーフしている「多くの人から信用されているブロガー」に発見して貰う事が、
動画の再生回数を飛躍的に伸ばす「最良の方法」っぽい。


ってか、実はこれをシステム化したのが、今の大手代理店であって、
しかし前世紀はマス(大衆)を扇動するほどの予算や規模を素人は持ち合わせていなかった。
ところが今や、メディアの作り出す偽情報に飽きてしまった人達が、
本当に役に立つ情報をお知らせしてくれる素人を信頼するようになっちゃって、
つまりはここら辺で妙な逆転現象が発生しちゃってるみたいね。

とにかくテレビを見ても、ラジオを聴いても、平気で嘘情報を流す著名な言論人ってのが多い。多すぎる。

この動画もレッテルを貼られまくっている自衛隊のイメージを別の角度からPV風に紹介したものなんだけど、
誰か優秀なブロガーがこの動画を発見してくれないかしら。。。。

自衛隊動画再生リスト⇒https://www.youtube.com/playlist?list=PLq930t70N2JLaIufWDcU0jr8fzcOJvqQe&feature=view_all

2013年2月26日火曜日

移り変わり



youtubeにアップしてある動画が収益化してあることもあり、とりあえず今、Google、ameba、FC2と三つのブログにほぼ同じ内容で日記をアップしている。
管理がメンドっちいので、いずれはそのどれか一本に絞るつもりだけど、しばらくはその面倒を我慢して、自分に一番合ったブログを模索中してるところ。

そういえば、ツイッターも最初は物珍しくて結構ハマったけど、ログが流されっぱなしで、五十路のおっさんにはついていけない部分もある。
こう考えると、HPのマニアックさを一般化したブログってのはかなりの発明で、この10年のネット界では最高のヒット作じゃないかな?

思い起こせば十年前、チャットにかなりのめり込んだ時期もあるけど、なんかよくわからない「無機質な人たち」が我が物顔しだしてから、急に熱が冷めたっけ。

今世紀に入ってから、ネットではいろんなアイテムが登場してはいつの間にか衰退しちゃったモノが多いけど、これから先もどんどん不思議なサービスがネットに現れては消えてくんだろうね。

そういえばワープロを使いだしたのが約三十年前。
当時、プリントアウトした書類を提出したら、
「手を抜くな」と叱られた記憶あり。

携帯電話も20年近く前、基本料金がやっと庶民価格になりだした頃、中途半端な羊羹みたいなの買ったけど、
知らない人から「そんな危険なものをどうするんだ?」
「運転中にかけるのか?」
と、意味不明なイチャモンをつけられたっけ。

なんでも新しいものは人より二年前に購入していた僕も今では携帯すら持たずに生活している有様。
指をなんかいやらしく動かすipadなんてものは使ったこともない。


なんてか、急に、新しいものに反応できなくなっちゃった。

ってか、どうでもいいって感じ。

ああ、おっさんだ。。。。

一人文化祭を開催


昨日の早朝、ヒョイっとした思いつきで、
「吉田町の図書館、あの展示スペースって一般でも借りられるのかしら?」
と疑問が湧いて、早速、図書館の受付にGO!!

吉田町内と町外では受付期間の差があるけど、基本的に展示スペースが空いていたら誰でも借りられるらしい。
それも無料。

個室の利用にはそれなりのレンタル料かかかるんだけど、壁面を利用した展示スペース、
それも10m以上の場が確保できてタダとはありがたい。

この図書館の図書スペースは二階にあり、
そこにたどり着くまでの、かなり広めの階段を上がりきって、
そのド正面にイラストをドカンと飾れるのだ。


この図書館はもう20年以上前から利用しているんだけど、
この展示スペースはかなり目立つところにあり、
ちょっとして作品が飾ってあると立ち止まって眺める人も多い。

田舎の図書館なので蔵書の数は笑っちゃうほど少ないんだけど、
職員の皆さんの努力によって気の利いた本も多い。

つまりは「文化意識の高い田舎の施設」ってことなんだけど、
イラストを専門の画廊で飾るより、確実に見てくれる人は多いと期待できる。
そもそも僕の作品群は正統な美術群とは違い、マンガを進化させた亜種的作品であり、
アートというほど高級なもんじゃない。

しかし僕の作品は無名ながら、結構人の目を引くらしく、
知り合いのスナックにも飾ってもらっているが、
酒を飲みに来たお客さんが、時折じっと僕のイラストを見つめていたり、
こういうのは本当に嬉しいし、ありがたい。


実はもう10年以上前から、この図書館でイラストを飾りたいと思ってたんだけど、その勇気がなく、
しかし何故か昨日の朝、急に、パッと「飾りたい」という強い願望が沸き立ち、
図書館で確認したら4月1日~14日という、なかなか美味しい期間をゲットできた。

展示期間はなるべく展示スペースの前で絵を描いていたいと思う。

絵というのば、実は描き上がった作品より、
真っ白な紙にどんどんと線が引かれ、色が塗られ、そのスリリングな過程も、また作品の一部なのだ。

頼まれれば似顔絵も描いてあげたいし、子供が興味を持ってくれたら、ちょっとした「芸」も披露したい。


ただ、今現在困っているのが、展示用のイラストを収める額の問題。
数が多いだけに結構予算がかかる。

とりあえずまだひと月あるので、どうやれば合理的に展示会ができるか、考えたい。

2013年2月23日土曜日

【ゲル様の軌跡03】勝利と苦渋【2012年の顛末】零号



当初は2012総選挙の特集動画として、街頭演説における石破節をガンガン流そうと思っていのですが、
素材を集めているうちに気持ちは他の方へ。。。

石破氏はああいう性格で、ああいうロジックで、ああいう口調なんで、嫌う人は生理的に受け付けないだろうし、
実際に保守の中でもアンチ石破の人は徹底的に石破氏を嫌っています。

しかし国会中継をつぶさに見ていくと、彼の国防に対しての考えはひとつとしてブレていないし、
「海兵隊の必要」「シビリアンコントロールの大切さ」は時を見て繰り返し語っています。

石破氏は「保守勢力」から見たら、間違いなく自虐史観になってしまうんですが、
昭和10年代、まともなエリートは、
「流石に米国と喧嘩するのは狂気の沙汰」と思っていた人も多いわけで、
僕からすると、石橋のどこが自虐史観的なのか、さっぱり分からない。

一般的に、メディアの作り上げた石破茂の虚像は間違いなく右翼なんだけど、
石破氏の話をじっくり聞けば、石破氏を右翼と言っている連中が極左なだけで、今の国際的な感覚では石橋の考えは当たり前を通り越したノーマルなもの。

まっ、ここら辺を極端な思想の持ち主と議論しても意味がないのでご遠慮するけど、今回の動画、
「総裁選時の、石破茂の欲得をそぎ落として落としてり帰った場合、何が見えるか?」
を、
描いてみたわけですが、まだこれは零号版。

この動画は今現在(2013年2月)の視聴者が見れば、それほど苦もなく理解できると思うんですが、
10年後20年後の子供たちが見たら意味不明な部分や単語が多い。

ですから、時間をかけて大切な単語には多少の注釈を付けMAD化するわけですが、これに関しては20年の時を待たなくては本当の評価が分からない。

実は暗中模索で動画を編集しているわけです。

あくまで今回の動画は零号版で、つまりは一般的に言えばパイロット版。

ご理解の上、ご覧あれ。


進次郎国会質疑リスト
進次郎まとめ動画リスト
ゲル様国会質疑リスト
ゲル様まとめ動画リスト

2013年2月22日金曜日

【ゲル様の軌跡02】総選挙の行方【2012年の顛末】零号



雑な粗編なんですが、とりあえずアップ。
石破氏の「総選挙編」は前編後編形式になるんですが、
「政権奪還後、改めてこういう繋げ方をすると、今まで見えなかったものが見えてくる」

石破氏の話題は多岐にわたるので、彼の人間性が垣間見えるショットと、彼の専門分野である軍事に関しての「語り」をメインに編集。


進次郎国会質疑リスト
進次郎まとめ動画リスト
ゲル様国会質疑リスト
ゲル様まとめ動画リスト

2013年2月18日月曜日

【ゲル様の軌跡01】総裁の椅子は何処【2012年の秋】



2012年(平成24年)9月26日投票開票の自民党総裁選、その前後の動画をまとめました。

石破氏に関しては保守勢力の中にも賛否両論があり、
また、あの長い演説を聞いて即座に彼が何を主張しているのかを把握できる人は少ないと思います。
動画を編集する際も、膨大な演説を聞きながら、
「果たして彼は何を言いたいのか」
が時折見えなくなったのも事実であります。

次期総理大臣の最大有力候補とされる石破茂。
通称、ゲル様。

この動画はそんな一人の政治家を【抄】という形で描きました。


進次郎国会質疑リスト
進次郎まとめ動画リスト
ゲル様国会質疑リスト
ゲル様まとめ動画リスト

2013年2月12日火曜日

2013/2/12 衆議院予算委員会 小泉進次郎



平成25年(2013)2月12日(火)9時00分

『平成二十四年度一般会計補正予算(第1号)』
『平成二十四年度特別会計補正予算(特第1号)』
『平成二十四年度政府関係機関補正予算(機第1号)』

山本有二(予算委員長)
安倍晋三(内閣総理大臣)
麻生太郎(財務大臣 内閣府特命担当大臣(金融) デフレ脱却・円高対策担当)
新藤義孝(総務大臣 内閣府特命担当大臣(地方分権改革) 地域活性化担当 道州制担当)
谷垣禎一(法務大臣)
岸田文雄(外務大臣)
田村憲久(厚生労働大臣)
林芳正(農林水産大臣)
茂木敏充(経済産業大臣 内閣府特命担当大臣原子力経済被害担当 産業競争力担当)
太田昭宏(国土交通大臣)
石原伸晃(環境大臣 内閣府特命担当大臣(原子力防災))
小野寺五典(防衛大臣)
根本匠(復興大臣 福島原発事故再生総括担当)
山本一太(内閣府特命担当大臣情報通信技術(IT)政策担当 海洋政策・領土問題担当)
森まさこ(女性活力・子育て支援担当 内閣府特命担当大臣)
甘利明(経済再生担当 社会保障・税一体改革担当 内閣府特命担当大臣(経済財政政
稲田朋美(行政改革担当 公務員制度改革担当 再チャレンジ担当 内閣府特命担当大臣)
原恒雄(人事院総裁)


進次郎国会質疑リスト
進次郎まとめ動画リスト
ゲル様国会質疑リスト
ゲル様まとめ動画リスト

2013年2月7日木曜日

2013/2/7 衆議院予算委員会 石破茂




平成25年(2013)2月7日(木)9時00分~

『平成二十四年度一般会計補正予算(第1号)』
『平成二十四年度特別会計補正予算(特第1号)』
『平成二十四年度政府関係機関補正予算(機第1号)』

山本有二(予算委員長)
安倍晋三(内閣総理大臣)
麻生太郎(財務大臣 内閣府特命担当大臣 デフレ脱却・円高対策担当)
新藤義孝(総務大臣 内閣府特命担当大臣 地域活性化担当 道州制担当)
谷垣禎一(法務大臣)
岸田文雄(外務大臣)
下村博文(文部科学大臣 教育再生担当)
田村憲久(厚生労働大臣)
林芳正(農林水産大臣)
茂木敏充(経済産業大臣 内閣府特命担当大臣 原子力経済被害担当 産業競争力担当)
太田昭宏(国土交通大臣)
小野寺五典(防衛大臣)
菅義偉(内閣官房長官 国家安全保障強化担当)
根本匠(復興大臣 福島原発事故再生総括担当)
古屋圭司(国家公安委員会委員長 拉致問題担当 国家強靭化担当 内閣府特命担当大臣)
山本一太(内閣府特命担当大臣情報通信技術(IT)政策担当 海洋政策・領土問題担当)
甘利明(経済再生担当 社会保障・税一体改革担当 内閣府特命担当大臣)
稲田朋美(行政改革担当 再チャレンジ担当 内閣府特命担当大臣)


進次郎国会質疑リスト
進次郎まとめ動画リスト
ゲル様国会質疑リスト
ゲル様まとめ動画リスト