2010年8月25日水曜日

【売国さんたち】日本が大変だ【うる星やつら】

さて、今回は『うる星やつら』のエンディングを使っての動画です。

実は前回の作品はこれを作る為のテストパターンでありまして、
本当はこっちを最初に思いついたんですね。

前回の『うる国やつら』と言う作品は、
二重三重構造になっていました。

まず原作の『うる星やつら』は、作者高橋留美子氏から見た【男】の生態をコミカルに描いたものでしたが、
私のバージョンは女心のややこしさを自作のキャラで描いたんですね。

本当はキャラクターに裏設定があるのですが、
それは直接は描かず、一見すると単に小泉進次郎氏に惚れた変なキャラの話に見えちゃいます^^


あと、実は盲目的に自民や保守を応援している人を、
第三者が見たらどう感じるかのパロディーでもあります。




さて、今回の作品の裏テーマは何か?

それは鑑賞する人が決めることでもありますね。

2010年8月19日木曜日

【菅直人】全部嘘さ、マニフェスト【臨時国会】




 2010年8月2日に開催された臨時国会での菅直人総理大臣と自民党石破茂氏の初ガチンコ対決。
文民統制(シビリアンコントロール)についての議論になるのだが、、、、。


進次郎国会質疑リスト
進次郎まとめ動画リスト
ゲル様国会質疑リスト
ゲル様まとめ動画リスト


2010年8月13日金曜日

【小泉進次郎09】未来への種【東日本大震災後・抄】



震災後初の小泉進次郎動画。
実は4月27日の内閣委員会の時、一度編集をしようと思ったのですが、時期的にまだそういう気分にもならず、取り敢えずの方向性も見えなかったので今日まで日延べしてしまいました。
動画制作もこの数回は国会質疑を丸々使用し、再構成していたのですが、今回は震災からの時間軸を追って、僕がポイントと感じて部分をまとめました。

冒頭の2001年自民党総裁選挙のシーンはちょっと多めに使いました。
これは小泉進次郎氏がこのまま政治家を続けていれば間違いなく、父と同じ立場まで上り詰めるという【予定】と云う事で^^



震災前の小泉進次郎氏の質疑は、政府をやり込める目的が多分に見受けられ、少し気負っているのではないかと心配していたのですが、あの未曾有の大災害の前に彼の愛国心は以前にも増してパワーアップし、政治家としての視点も少し変化しています。

四月から七月までの国会質疑の様子を四つ分、僕なりにダイジェストとして編集したのですが、意図的に「小泉進次郎が見た被災地」という部分をピックアップしました。

小泉進次郎氏の活躍を編集しながら思うのは、彼の政治家人生をスタートラインからライブで見続けられる自分がとても嬉しい。
こんな時代だからこそ、若き才能のある政治家をありのまま見続けて行きたいものです。

2010年8月5日木曜日

【石破茂】何事も熱く語る男【ゲル閣下】

さて、今回はリクエストが最も多かったゲル閣下こと石破茂氏の動画を作りました。

実は人気の高い、そして大物議員の動画はネットに素材が多すぎてどのように料理しようか悩んでいたのですが、
以前チラリと目撃した大臣時代の記者会見の映像を思い出し、
「嗚呼、こういうやり方があったか」
と、

まあ、そんなわけでこんな形で動画に仕上げました。



オープニングのロゴを使ってのパカパカアニメは実に趣味的な編集なのですが、
後半部のゲル様の演説は編集しながらウルっときてしまいました。

今回は偏向メディアを笑うと言うテーマではありませんが、
こういうバラエティーモドキのパネリストを並べて愚痴を言うだけの番組が、
結局は偏向メディアに【慣れ】させる効果があるという見本です。


今回の動画はあくまでも石破氏の動画の【序】の部分ですから、
今後も面白いアイデアが浮かんだら制作します。

2010年8月2日月曜日

2010/8/2 衆院予算委員会 石破茂(自由民主党・無所属の会)



平成22年(2010)8月2日(月)14時55分~

『国政調査承認要求に関する件』
『予算の実施状況に関する件(基本的質疑)』

鹿野道彦(予算委員長)
菅直人(内閣総理大臣)
原口一博(総務大臣 地域主権推進担当大臣)
千葉景子(法務大臣)
岡田克也(外務大臣)
野田佳彦(財務大臣)
長妻昭(厚生労働大臣 年金改革担当)
山田正彦(農林水産大臣)
前原誠司(国土交通大臣 沖縄及び北方対策担当大臣)
北澤俊美(防衛大臣)
仙谷由人(内閣官房長官)
中井洽(国家公安委員会委員長 防災担当大臣 拉致問題担当)荒井聰(経済財政政策担当大臣 消費者及び食品安全担当大臣 国家戦略担当)
玄葉光一郎(「新しい公共」担当大臣 少子化対策担当大臣 男女共同参画担当大臣 公蓮舫(行政刷新担当大臣)
古本伸一郎(財務大臣政務官)


進次郎国会質疑リスト
進次郎まとめ動画リスト
ゲル様国会質疑リスト
ゲル様まとめ動画リスト

2010年8月1日日曜日

【城内実】苦節の日々【信念の男】

今回は城内実氏の浪人時代を11分にまとめました^^
かなり強引に編集したんですが、城内氏が如何に地に足の着いた【保守】であるかが分かってもらえると思います。

城内氏の地盤静岡7区は私の住まいからほぼお隣の地区と言う感じなので親近感があり、
個人的によく知った地区名が出てきて、編集していて楽しかったです。

最初に編集したバージョンは30分近くあり、それを1/3にまで縮めたのですから、
語りつくせない部分もありましたが、
編集作業とは極限まで【つめる】ことに美学があります。

今回特集した城内氏は口先や頭の中だけの理屈より、彼が日頃から本能的に体を動かして物事に体当たりする、
そういう部分を皆に知ってもらったほうがイイと思い、
オーバーラップを多用して、退屈になりそうなシーンに【動】を加えました。

城内氏自身のYOUTUBEのサイトから動画をたくさん引用したのですが、
もし私の編集したバージョンを見たらどう感じるでしょうね。




動画での描き方は、衆院解散からいきなり当選演説に飛んでしまっているのですが、
城内氏にとってはあの八月は4年間の【総仕上げ】であり、
実はメディアが発信した映像もたくさんあったのですが、
城内スタッフの撮影した、正直言ってあまり巧いカメラではないバージョンの方が【リアリティー】があり、
そちらを多く採用する事にしました。

メディアのパターン化されたカメラワークは確かに編集するにいい【素材】なのですが、
被写体に対して【愛】が無く、たんなる味気ない【商品】に過ぎません。

カメラマンは被写体とどこまで戯れる事ができるか?

それが本来、映像作品の肝になるのですが、
ネットに転がる動画を編集すればするほど、
素人カメラマンの素朴さの方が私は愛せます。



城内氏個人に関しての情報はネットで調べればすむので、
この動画では彼の人としての【美しさ】を堪能してください。

国会復帰編を10分でまとめようかどうしようか悩んではいるのですが、
素材はパソにありますので、リクエストがあれば編集します。



◆追記
前回アップしたリクエスト動画に書き込みをされた方、ありがとうございました。
私の動画編集のスタイルを見れば、どうしても保守系政治家のリクエストが多いのは、最初から予想していました。

今後の参考にいたしますので、首をキリンさんようにしてお待ちください。
大物政治家の動画はネットに沢山ありすぎて、どこから手をつけて良いのかが分からず、
編集法を模索しているところです。