2010年7月30日金曜日

【小泉進次郎03】国会、メシア降臨【自民党】

小泉進次郎国会怒涛編をお送りいたします。

前回の遊説編は多くの映像を使用しましたが、
小泉氏の演説のある種のパターンを掴むと意外なほど編集が楽で、
実はあまり編集に時間をかけていません。

しかし今回の国会編は手を焼きました。
何しろ彼の国会答弁すべてを確認し、
メディアが拾わない彼の【演説の内容】を探して繋ぎ合わせるのですから、
オリジナル動画を確認するだけで脳みそがヘロヘロです。

そもそも私は政治に強くないので、答弁の内容についていけず、
Googleで用語を検索しながら見、そして編集をしたのですから、
必要以上に手間暇時間がかかってしまいました。

岡田外務大臣とのやり取りは、
最初はメディアのやっているように二人の答弁を交互に繋ぎあわそうとしたのですが、
どう考えても誰もが思いつく手なので、
あえて私がやる必要もないわけです。

んで、どうやって編集しようか悩んでいて、
二人の激しいやり取りが一段楽した時、
小泉氏は沖縄の【かりゆし】について語りだした。

最初は聞き逃してしまった答弁だったのですが、
何か気になってネットをググってみたら、
なるほど、沖縄独特の【現代衣服】にはそういう意味もあったのか、と、初めて知り、

実はこの演説での肝は、この【部分】にあったのではないかと、
私はそういう考えに至りました。

各メディアはこのシーンをほとんど取り上げていないので、
知らない方も多いかと思いますが、

小泉氏のように関東生まれの若者が、沖縄の生活に密着した情報を知っていると言う事は、
如何に彼のブレーンがしっかりしているか、
彼自身が全国各地の事を調べているかの証明でもあります。

前回の遊説編と合わせてみると、
小泉氏がどれほど日本を愛し、土地土地のプライドを守ろうとしているかが分かります。



私は動画を編集する時、
テーマとなる人物の了見をひたすら考えます。
小泉氏に限らず、ヨコクメ氏の動画を作っている時も、
善意の気持ちで彼を理解しようとしながら制作しました。


私はどんなに相手が愚かしくとも悪意を持って接してはいけないと思っています。

現実には難しい事ですが、
私はせめて作品作りには偏見を持ち込みたくないのです。


ヨコクメ氏の動画を作るときも、
出来るだけ彼のよい部分、かっこいいシーンを繋ごうと考えて、
彼の第三弾を先日編集したのですが、
悲しいかな、使えるシーンがほとんどなく、
どんどんカットしていったら作品として成立するだけの素材が制作できず、
結局ボツに、つまりは彼の第三段目は制作中止となってしまいました。



今回の小泉国会編、最初は19分の長さになったのですが、
切りに切って11分以内に収めました。

最初の19分バージョンもかなり悩んで編集したのですが、
ネットで見るにはやはり長すぎます。


作品作りとはまず捨てること。

どんなに苦労したものでも、それが作品として成立しなかったら、バッサリと切り捨てる。

はっきり言えば、作品作りに作者の苦労などは関係ないわけで、
努力なんてものは屁の役にも立ちません。

常にシビアに作品と向き合い続ける。

努力を売り物にするのはホント、ゲスのやることなのであります。

0 件のコメント: